SKIP
Uryo Motoda
取締役 CFO
1987年生まれ。慶應義塾大学経済学部卒業。2011年に日本初・国内最大のクラウドファンディングサービス「READYFOR」の立ち上げを行い、2014年より株式会社化、代表取締役 CEOに就任。World Economic Forumグローバルシェイパーズ2011に選出、日本人史上最年少でダボス会議に参加。現在は首相官邸「人生100年時代構想会議」の議員や内閣官房「歴史的資源を活用した観光まちづくり推進室」専門家を務める。

入社理由

未来をつくる、
「流れ」をつくる。

多くの活動を支援するなかで、
出会えてきたもの。
個人の、組織の、地域の、
さまざまな「やりたい想い」

私たちは、そのすべてを叶えたい。

「この世界に必要だ」
そう信じて挑戦する人々の想いは、
この世界に絶対に必要なものだから。

READYFORは、進化します。

個人から個人のクラウドファンディングの枠をこえて、多様な資金と、より多くの想いをつなげる。

十分なお金を、継続的に届けられるように。
活動、企業、社会のもっと隅々へ。
資本主義のしくみだけでは、断たれていた場所へ。

お金の流れは、世界の血流。
この巡りが良くなっていく先にこそ、持続可能な未来があると信じています。

想いをつなぐ金融機関へ
READYFOR
多くの活動を支援するなかで、
出会えてきたもの。
個人の、組織の、地域の、
さまざまな「やりたい想い」

私たちは、そのすべてを叶えたい。

「この世界に必要だ」
そう信じて挑戦する人々の想いは、
この世界に絶対に必要なものだから。

READYFORは、進化します。

個人から個人のクラウドファンディングの枠をこえて、多様な資金と、より多くの想いをつなげる。

十分なお金を、継続的に届けられるように。
活動、企業、社会のもっと隅々へ。
資本主義のしくみだけでは、断たれていた場所へ。

お金の流れは、世界の血流。
この巡りが良くなっていく先にこそ、持続可能な未来があると信じています。

想いをつなぐ金融機関へ
READYFOR
多くの活動を支援するなかで、
出会えてきたもの。
個人の、組織の、地域の、
さまざまな「やりたい想い」

私たちは、そのすべてを叶えたい。

「この世界に必要だ」
そう信じて挑戦する人々の想いは、
この世界に絶対に必要なものだから。

READYFORは、進化します。

個人から個人のクラウドファンディングの枠をこえて、多様な資金と、より多くの想いをつなげる。

十分なお金を、継続的に届けられるように。
活動、企業、社会のもっと隅々へ。
資本主義のしくみだけでは、断たれていた場所へ。

お金の流れは、世界の血流。
この巡りが良くなっていく先にこそ、持続可能な未来があると信じています。

想いをつなぐ金融機関へ
READYFOR
多くの活動を支援するなかで、
出会えてきたもの。
個人の、組織の、地域の、
さまざまな「やりたい想い」

私たちは、そのすべてを叶えたい。

「この世界に必要だ」
そう信じて挑戦する人々の想いは、
この世界に絶対に必要なものだから。

READYFORは、進化します。

個人から個人のクラウドファンディングの枠をこえて、多様な資金と、より多くの想いをつなげる。

十分なお金を、継続的に届けられるように。
活動、企業、社会のもっと隅々へ。
資本主義のしくみだけでは、断たれていた場所へ。

お金の流れは、世界の血流。
この巡りが良くなっていく先にこそ、持続可能な未来があると信じています。

想いをつなぐ金融機関へ
READYFOR

Vision

誰もがやりたいことを
実現できる世の中をつくる

Mission

想いの乗ったお金の流れを増やす

Value

Commitment
挑むからには達成を。
ビジョン・組織・ユーザーにそして
自分の人生にもコミットする。
Professionality
自分が出すべき価値にこだわる。
学びつづける姿勢で強みをみがき、
意思決定可能な範囲を広げる。
Ownership
より多くのことを自分ごとに。
チーム、サービス、世の中、そして
未来を見据えて視座高く行動する。

READYFOR 事業情報

クラウドファンディング事業
READYFOR
「READYFOR」は日本初・日本最大級のクラウドファンディングサービスです。2011年3月から1万件以上のプロジェクトを掲載し、100億円以上の資金が集まる、日本最大級のクラウドファンディングサービスとして成長しています。キュレーターと呼ばれる担当者が各プロジェクトにつき、マンツーマンでプロジェクトのサポートを行っており、達成率は約75%と業界最高水準を誇ります。
法人向け事業
READYFOR SDGs
「READYFOR SDGs」では、過去1万件以上のクラウドファンディングサポートから得たネットワーク・ノウハウと、マッチングギフトという仕組みを活用し、SDGs推進に向けて、企業がパートナーシップを組む際に安心・安全な団体をご紹介します。団体とのクラウドファンディングプロジェクトを通じて、貴社のPR活動を最大化し、「社会との価値共創」を作り出します。

NEWS & TOPICS

READYFORのプレスリリースやトピックスをご紹介します。
最新情報はREADYFOR公式SNSアカウントから

RECRUIT

READYFOR株式会社では、一緒に働くメンバーを募集しています。

COMPANY INFORMATION

社名
READYFOR株式会社
本社所在地
東京都千代田区麹町1丁目12-1 住友不動産ふくおか半蔵門ビル 2階
設立年月
2014年7月
代表者
米良はるか、樋浦直樹
資本金
634,985,620円(資本剰余金含む)
株主
グロービス5号ファンド投資事業有限責任組合、Globis Fund V, L.P.、Mistletoe株式会社、松尾豊、石川康晴、小泉文明(外部株主)、SALESFORCE VENTURES LLC.
取引銀行
みずほ銀行、三菱UFJ銀行、千葉銀行、北陸銀行
主要取引先
中部電力株式会社
ロート製薬株式会社
筑波大学
大阪大学
東京都
広島県
千葉銀行
静岡銀行
大垣共立銀行

順不同 敬称略
(2019年10月現在)
沿革
2011年3月
オーマ株式会社にてクラウドファンディングサービス「READYFOR」をスタート
2014年7月
READYFOR株式会社創業
2016年1月
テレビ東京「カンブリア宮殿」出演
2016年2月
本社を東京都文京区本郷に移転
2016年6月
サービス産業生産性協議会 第1回「日本サービス大賞」SPRING賞(優秀賞)を受賞
2016年12月
「READYFOR 緊急災害支援プログラム」を開始
2016年12月
ガバメントクラウドファンディング「READYFOR ふるさと納税」を開始
2016年12月
「WIRED Audi INNOVATION AWARD 2016」を受賞
2017年1月
大学向けクラウドファンディング「READYFOR College」を開始
2018年4月
地方銀行・信用金庫など金融機関との提携が50機関を突破
2018年10月
総額5.3億円の第三者割当増資を実施
2018年11月
社会的養護啓発クラウドファンディング「READYFOR こどもギフト」を開始
2018年11月
G1「ソーシャルアワード」社会起業家賞 を受賞
2019年1月
総額約4.2億円の第三者割当増資及び借入による資金調達を実施
2019年5月
経済産業省 第5回「日本ベンチャー大賞」経済産業大臣賞(女性起業家賞)を受賞
2019年7月
法人向けSDGsマッチング事業「READYFOR SDGs」を開始
2019年10月
本社を東京都千代田区半蔵門に移転
2019年10月
コーポレート、サービスロゴを変更

READYFOR BOARD MEMBERS

創業者 兼 代表取締役 CEO
Haruka Mera
1987年生まれ。慶應義塾大学経済学部卒業。2011年に日本初・国内最大のクラウドファンディングサービス「READYFOR」の立ち上げを行い、2014年より株式会社化、代表取締役 CEOに就任。World Economic Forumグローバルシェイパーズ2011に選出、日本人史上最年少でダボス会議に参加。現在は首相官邸「人生100年時代構想会議」の議員や内閣官房「歴史的資源を活用した観光まちづくり推進室」専門家を務める。
2010年にアメリカに留学した際に、クラウドファンディング の仕組みが新たなお金の流れを生んでいることを知り、本当に必要なところにお金を流す役割として日本で初めてのクラウドファンディング サービスとしてREADYFORを作りました。夢ある素晴らしいプロジェクトを応援しながら、お金の流れを是正し、よりチャレンジしやすい社会基盤を作っていきます。
代表取締役 COO
Naoki Hiura
東京大学教育学部卒業。2011年よりボストン・コンサルティング・グループにて小売・消費財業界を中心とした大企業のコンサルティング業務に従事し多岐にわたるプロジェクトを経験。「誰もがやりたいことを実現できる世の中に」というREADYFORの思想に賛同し、2015年1月READYFOR株式会社COOに就任。2017年7月より現職。
自分の想いに向き合って挑戦を始める人であふれる社会を目指し、世の中の「できない」理由を減らし、「やりたい」気持ちを大きくしていきたいと思ったため。やりたいことに向かって一歩を踏み出そうとしたときに、誰の心にも思い浮かぶ会社を目指します!
取締役 CFO
Uryo Motoda
在学中コンサルティング会社にて社員研修構築や採用コンサルティング、WEBマーケティング事業などを経験。その後三菱UFJモルガン・スタンレー証券投資銀行本部に入社し、多数の業界における株式引受及び事業・資本戦略提案業務に従事。2015年9月よりREADYFORに参画し、コーポレート部門全体の統轄と一部事業開発を担当。
「本当に必要とされているところにお金を届ける」という金融の本質を愚直に追求できる環境と、様々なチャレンジを世に広め、人と人が繋がる機会の創出に挑戦し続けることにやりがいを感じました。誰もがやりたいことを実現できる、そんな「世界」と「会社」を創りたいと思っています。
執行役員 CLO
Atsuo Kusahara
東京大学法学部・東京大学法科大学院卒業。司法試験合格後、司法修習を経て2013年弁護士登録(第二東京弁護士会)。2014年より森・濱田松本法律事務所でコーポレート・ガバナンス、ベンチャーファイナンス、会社訴訟・非訟、M&Aその他企業法務一般に従事。2018年READYFOR株式会社に参画。法務・コンプライアンス、新規事業の企画・検討等を担当。
弁護士経験を通じ、適切な法務戦略がイノベーションを実現するために不可欠と確信し、スタートアップの中で法務に取り組みたいと考えました。「誰もがやりたいことを実現できる世の中を作る」というビジョン実現のため、戦略法務を実践したいと考えています。
執行役員 CTO
Akinori Machino
東京大学理学部物理学科卒。同大学院在学中に電子書籍分野での起業をして以来、複数のスタートアップの事業立ち上げに携わる。2012年11月、スマートニュース社の初期メンバーとして参画。急拡大する組織の中で、技術を軸に幅広い業務を担当。その後、自動運転やブロックチェーン等、新技術を扱うプロジェクトを経て、2019年1月よりREADYFOR社にCTOとして参画。1984年浜松生まれ。
人が何か大きなことを実現したいと思ったとき、そこには「想い」と「資金」が必要です。お金は数値として抽象化された概念ですが、そこに想いという色をつけて届けるREADYFORのミッションに共感しました。挑戦者を支えるエコシステムを、テクノロジーの力で更にアップデートしていきたいと考えています。
社外取締役
Minoru Imano
2006年  グロービス・キャピタル・パートナーズ入社
2012年  同社パートナー就任
2013年  最高執行責任者(COO)就任(現任)
2018年  代表パートナー就任(現任)
グロービス・キャピタル・パートナーズは、1996年より国内外の機関投資家から累計660億円を運用する独立系ベンチャーキャピタルであり、世界トップクラスの運用実績を誇る。同社入社以前は、経営コンサルティング会社にて、中期経営計画策定などのプロジェクトマネジャーを歴任。東京大学法学部卒。
社外取締役
Takaho Miki
Berlitz Corporation, EVP, CFO。2006年ベネッセコーポレーション入社。M&A、子会社経営、海外戦略、新規事業を担当、東京個別指導学院取締役等歴任、2014年から現職。前職はUFJ銀行にて投資銀行・国際銀行業務、経営企画に従事。Northwestern大学Kellogg校卒業。
アドバイザー
Yasuharu Ishikawa
1970年岡山市生まれ。岡山大学経済学部卒。京都大学大学院経営学修士(MBA)。94年、23歳で創業。95年クロスカンパニー(現ストライプインターナショナル)を設立。99年に「earth music&ecology」を立ち上げ、SPA(製造小売業)を本格開始。現在30以上のブランドを展開。公益財団法人 石川文化振興財団の理事長や、現代アートの国際展覧会「岡山芸術交流」の総合プロデューサーも務め、地元岡山の文化交流・経済振興にも取り組んでいる。
アドバイザー
Fumiaki Koizumi
株式会社メルカリ取締役社長兼COO。2003年大和証券SMBC(現・大和証券)入社。投資銀行本部にてDeNAやミクシィなどのインターネット企業の株式上場を担当した後、07年ミクシィに入社し、取締役執行役員CFOに就任。12年6月に退任後は、いくつかのスタートアップの経営を支援した後、13年12月メルカリに入社。14年同社取締役に就任。17年4月から現職。
アドバイザー
Yutaka Matsuo
1997年 東京大学工学部電子情報工学科卒業。2002年 同大学院博士課程修了。博士(工学)。同年より、産業技術総合研究所研究員。2005年8月よりスタンフォード大学客員研究員を経て、2007年より、東京大学大学院工学系研究科総合研究機構/知の構造化センター/技術経営戦略学専攻准教授。2014年より、東京大学大学院工学系研究科 技術経営戦略学専攻 グローバル消費インテリジェンス寄付講座 共同代表・特任准教授。専門分野は、人工知能、ウェブマイニング、ビッグデータ分析。人工知能学会からは論文賞(2002年)、創立20周年記念事業賞(2006年)、現場イノベーション賞(2011年)、功労賞(2013年)の各賞を受賞。人工知能学会では学生編集委員、編集委員を経て、2010年から副編集委員長、2012年から編集委員長・理事。2014年から2018年まで倫理委員長。2017年より日本ディープラーニング協会理事長。
アドバイザー
Taizo Son
世界を代表する連続起業家でありIT関連スタートアップを多く成功させた投資家。現在、スタートアップの育成を通じ、中長期視点で社会課題を解決するCollective Impact Communityという新業態を標榜するMistletoe(ミスルトウ)のFounderとして、社会課題の定義および、それら課題を解決しうるスタートアップ形成に尽力する傍ら、複数のITスタートアップで役員も兼務し、数多くのスタートアップを成功へと導いている。
クリエーティブアドバイザー
Kaoru Sugano
2002年電通入社。テクノロジーと表現を専門に幅広い業務に従事。本田技研工業インターナビ「Sound of Honda / Ayrton Senna1989」、Apple Appstoreの2013年ベストアプリ「RoadMovies」、東京2020招致最終プレゼン「太田雄貴 Fencing Visualized」、国立競技場56年の歴史の最後の15分間企画演出、GINZA SIXのオープニングCM「メインストリート編」、BjörkやBrian EnoやPerfumeとの音楽プロジェクト等々活動は多岐に渡る。JAAA クリエイター・オブ・ザ・イヤー(2014年、2016年))/カンヌライオンズ チタニウム部門 グランプリ/D&AD Black Pencil(最高賞)/One Show -Automobile Advertising of the Year-/London International Awardsグランプリ/Spikes Asiaグランプリ/ADFEST グランプリ/ACCグランプリ/TIAA グランプリ/Yahoo! internet creative awardグランプリ/文化庁メディア芸術祭 大賞/Prix Ars Electronica 栄誉賞/STARTS PRIZE/グッドデザイン金賞など、国内外の広告、デザイン、アート様々な領域で受賞多数。
アドバイザー
Shinji Asada
慶應義塾大学経済学部卒、マサチューセッツ工科大学経営大学院MBA修了。伊藤忠商事株式会社および伊藤忠テクノソリューションズ株式会社を経て、2012年より伊藤忠テクノロジーベンチャーズ株式会社にて、国内外ITベンチャーへの投資および投資先企業へのハンズオン支援に従事。2015年3月よりセールスフォース・ベンチャーズ 日本代表に就任。
技術アドバイザー
Atsushi Kobayashi
法学部法律学科からエンジニアへ転身し、2011年にDeNAに入社。Mobageおよび協業プラットフォームの大規模システム開発、オートモーティブ事業本部の開発責任者を歴任。2018年より執行役員としてDeNAのエンジニアリングの統括を務める。

INQUIRY

取材や講演のご依頼、その他READYFOR全般に関するお問い合わせはこちらから送信をお願い致します。